転職支援サイトで転職を成功させる方法を紹介します!

看護師の求人を探すなら転職支援サイトと求人サイトのどちら?

転職支援サイトと求人サイトの違いとは?

転職支援サイトと求人サイトの違いとは?

探し方が違う

転職支援サイトに登録すると、まずキャリアカウンセリングを受けます。そこで、希望の条件やこれまでの経歴を詳しく聞かれ、これから先のキャリアプランに合った求人を紹介してもらうことになります。カウンセリングを受けながら転職の目的を明確にすることができるため、転職を決意したもののこれから先の展望が漠然とし過ぎていて自分に合う病院を見つけられる自信がない、という人におすすめです。
一方、求人サイトは求人情報が多数掲載されているだけで、その多くの求人の中から自力で探さなければなりません。しかし、さまざまな病院の求人情報から自由に探せるため、ある程度目的が定まっている人に向いています。

転職のアドバイスが受けられる

転職支援サイトではキャリアアドバイザーによるさまざまなサポートが受けられるわけですが、それらのサポートはすべて無料で利用することができます。求人サイトにも転職に関する情報がある程度掲載されているため、応募書類の作成の仕方や面接のポイントを知ることはできますが、キャリアアドバイザーのように細かく情報を収集しているわけではないため、希望する病院に合わせた適切なアドバイスをもらうことはできません。自力で考えなければならないことも多く、余計な時間がかかってしまいます。
しかし、転職支援サイトではキャリアアドバイザーに相談しながらすすめることができるため無駄な時間や手間を省くことができます。そのうえ、キャリアアドバイザーにはこれまでの経験で積み重ねてきたノウハウもあるため、内定に直結するアドバイスをもらうこともできます。

ミスマッチを減少させることができる

最近はネット上にたくさんの情報があふれているため、気になる情報も手軽に知ることができます。しかし、口コミや面接だけで得られる情報には限界があるため、実際に働きはじめてから満足するかどうかは運によるところが大きくなってしまいます。特に条件面が良い病院だと、その条件ばかりに目がいってしまい実際よりも良く見えてしまうため、働きはじめてからの落胆も大きくなってしまいがちです。しかし、転職支援サイトならば、事前のカウンセリングでどんな希望を持っているのかをよく理解しているため、その希望に沿った求人を紹介してもらうことができます。さらに、病院側としても高い手数料を払っている分、すぐに辞めてしまうような人材よりは長く働き続けてくれる人材を欲しています。求職者と病院側、双方のミスマッチがないように最適なマッチングを提案するよう転職支援サイトは努力していますが、これには紹介した人材が早期に退職してしまった場合、手数料に20%~70%を返却しなければならないという決まりもあることも大きく関係しています。
また、転職支援サイトには少人数を厳選して採用したい、好条件の非公開求人があり、求職者の実績によってはその非公開求人を紹介してもらうこともできます。

転職を成功させるためにあわせて読みたい記事