転職支援サイトで転職を成功させる方法を紹介します!

ハローワークと転職支援サイトの違いを比べてみましょう

転職支援サイトとハローワークの違いとは?

転職支援サイトとハローワークの違いとは?

紹介している求人の質が違う

転職支援サイトは病院側が能力の高い人材や病院の雰囲気に合う人材を確保するために、手数料を支払って紹介してもらう仕組みになっています。そのため、求職者にもある程度の知識やスキルが求められますが、高い能力に見合っただけの条件や待遇が良い求人が多く集まっています。また、わざわざ手数料を払っているため、本当は必要ないのに求人を募集しているカラ求人や募集内容と実際の待遇が全く違うブラック病院の求人などはお金の無駄になってしまうためほとんど掲載されていません。何より、転職支援サイトが求人を掲載する前にその病院についてある程度チェックしているため、求職者に不利になるような求人自体がそもそも掲載されていないのです。
一方、ハローワークは無料で求人を掲載することができるため、お金がかからない気楽さから「とりあえず求人を出してみようか」という病院やあまり求人募集にお金をかけたくない小さな病院などが求人を出しています。そのため、とにかく求人数が多いのが特徴で、営利目的でない分、職員のチェックする目もそう厳しいわけではないためカラ求人やブラック病院の求人が紛れていることがあります。

サポート体制の違い

転職支援サイトは転職に成功する人が増えることで利益を出しているため、どれだけ魅力的な人材であるかを病院側にアピールし採用に結びつけなければなりません。そのため、採用の確率がアップするようさまざまなサポートで求職者をフォローしています。求職者が受けられるサービスは幅広く、履歴書や職務経歴書などの応募書類の書き方や面接での質問の答え方、好印象を残すお礼状の出し方など、長いキャリアを積んでいるキャリアアドバイザーだからこそできるサポートばかりです。
一方、ハローワークでは面接や応募書類の指導も行っていますが、採用の確率をアップするというよりは語学やプログラミング、事務など転職に役立ちそうな資格や技術取得の勉強ができる講座を開くなど、転職弱者のサポートを主に行っています。

ネットを軸にして転職活動できるかどうか

転職支援サイトでは大量の求人を紹介していますが、24時間いつでもネット上で求人情報を確認することができるため自分の好きなタイミングでスタートすることができます。そのため、今すぐ転職したい人に限らず、仕事を続けながらなんとなく転職先を探している人や転職しようか迷っている人など、利用する人の幅が広いのが特徴です。
ハローワークもネット上で求人を閲覧することはできますがそこで紹介されているのはほんの一部で、詳しい情報を知り紹介してもらうためには直接ハローワークに出向いて職員に相談しなければなりません。さらに、ハローワークは朝から夕方までしか開いていないため、在職中など日中に動くことができない人には厳しいでしょう。

転職を成功させるためにあわせて読みたい記事